つい先日試しに作ってみたイチジクジャムがとっても美味しかったので再チャレンジしました。
ちなみに1回目のレシピはこちら → いちじくバルサミコジャム(1)

今回はきちんとグラニュー糖を使って、バルサミコも少し多めにしました。
では、「いちじくジャム」レッツスタート。

「いちじく」は身がしまって固めのものがジャムにむいてます。
1.5kg用意しました。

















皮ごと煮ます。表面はキッチンペーパーを少し湿らせて軽くふきました。
全部拭き終わったところ。ほら、うっすら汚れが。

















半分にカットすると、身がぎゅっとつまってます。色も赤くてきれい。






























1/4サイズにカットして、グラニュー糖をイチジクの重さの20~30%使いました。
今回は25%にしてみました。
















赤ワインを100ml加えました。


















火をつけ、最初焦げ付かないように注意しながら、汁気がでてきたら一気に強火へ。
















さらに、強火で10分ほど経過。アクが中央にたまったら、お玉ですくいました。

















20分経過したら、だいぶとろみもでてきました。一旦火を止め、バルサミコ酢を40cc加え20秒強火でぐるりとかき回し、火を止めました。


















アクをとるため。表面にラップをしいて、フタをする。
















はがすと、アクがついてくる。

















照りのある「いちじく」の形を残したままのジャムが完成。歯ごたえが残って好きです。
ヨーグルトにもパンにもバニラアイスにもよくあいます。
















10分熱湯消毒した煮沸消毒済の瓶へ入れ、逆さまに。そのまま粗熱を取り中です。





















スポンサーリンク
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »