春・夏・秋・冬の旬の果物を紹介。そのままで食べたり、簡単レシピを紹介。
スポンサーリンク
「ベルルージュ」という品種のいちご。どんな種類でもOK。 身がつまってしっかり固めのイチゴなのでケーキなど向いてるんだとか。 酸味があるから、甘酸っぱくいただけるジャムに向いてる気がする。 水にさっと洗って、包丁でヘタをとる。 いちごの
ブラックベリーの摘み方は、名前のとおりまっ黒くなったものが熟したしるし。黒いものだけ摘みます。 カメムシなどがつきやすいので、水であらって、水切りをし、砂糖をまぶしておきました。 いちごと違って、砂糖をまぶしても水分が出
「メロン」VS「もも」 やっぱりメロンのほうが甘い。 だけど、桃もまけていない。 果汁が滴るほどのみずみずしさ。 食欲のない朝に たっぷりと
昔から馴染みのあるメロンといえば、プリンスメロン(prince melon)。 スッキリとした青みのある味がいい。逆に最近は不人気で見かけなくなり残念です。 種をくりぬいて、ヨーグルトをIN。 真夏の寝苦しかった夜。 朝起きてさっぱりといた
伊勢丹のイタリアフェアに行って来ました♪ オリーブオイルもバルサミコ酢もチーズもなにもかも、本場は味がクリアで美味しいです。 「いちじくとバルサミコジャム」がおいしかった。 もしかして、自宅で作れるかしら?と作ってみました。成功するといいけど。 ち
9月の朝のごはん。 即席しじみ味噌汁に、秋の味覚 『シャインマスカット』 『イチジク』 『プルーン』 ポリフェノールや鉄分豊富。抗酸化食品いただきました。
つい先日試しに作ってみたイチジクジャムがとっても美味しかったので再チャレンジしました。 ちなみに1回目のレシピはこちら → いちじくバルサミコジャム(1) 今回はきちんとグラニュー糖を使って、バルサミコも少し多めにしました。 では、「いちじくジャム」
グレープフルールをくるぬいて、フレッシュ果汁100%・果肉もゴロゴロのゼリー。 ゼリーほど硬くないジュレ風タイプを作りました。 けっこう簡単♪ <材料> グレープフ
切っただけですが・・・ 朝ごはんをフルーツにしています。 夏の終わり、秋の始まりには、黄桃がでまわり、甘くて美味しいですね。
ル・レクチェを使ったスイーツもいろいろ開発されていて、 ゼリー、タルト、ワイン煮などが新潟にはあります。 だけど・・・ 一番おいいしのは「生」。そのまんま皮をむいて、食べるのが一番おいしい。 ゼリーになると、舌触りがちょっと変わるし。
| 1 | 2 | 次ページ >>