キノコのお出汁を引き出す「煮干しだし」でつくる「きのこ汁」

肉や魚なしなのに、いいおだしがでます。

それが天然ならではの風味の良さですね。
余計なものをいれず、なめこの風味を味わうレシピです♪


















「なめこ」には、ぬめり成分『ムチン』が豊富。
新陳代謝の促進、老化予防、肌荒れ解消、便秘の改善に効果があるそう。
細胞を活性化させる美肌効果にいい成分として「ムチン」はよく紹介されていますよね。


<材料>
天然なめこ…適宜
しめじ…1パック
糸こんにゃく…1パック(湯通ししてこんにゃくの臭みをとっておく)
里いも…5個
油揚げ…1枚(湯通しして油の臭みをとっておく)
きぬごし豆腐…1丁
煮干…5~6個
水…1.5L
醤油…大4


<作り方>
・天然は、落ち葉や腐葉土がついているので、かるく水で洗いしならが、取り除きます。
だけど、粘りのあるナメコは取りきれないので(できるだけきれいに)
あまり水洗いしすぎると風味がなくなるので、ほどほどに割り切る。


















・野菜は適当な大きさにきる



・煮干しは30分まえに水にひたしておく、里いもをくわえ、火にかける。10分ほど煮て、
糸こんにゃく、あぶらあげ、豆腐を加える。


















・火が通ったら、キノコを加える。醤油で味をととのえる。



















・一煮立ち。アクをすくい取って、火をとめ、フタをし余熱で火を通す。たべる前に温めていただく。



スポンサーリンク
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »