新潟の「きのこ汁レシピ」です。

だしは「煮干し」がポイントです。

キノコはなんと天然の「ナラタケ」。いただいたものです。さっそくきのこ汁作りました。
キノコが採れる時期に、路地で採れる野菜を加えるのがホントのきのこ汁です。

















<材料>
ナラタケ…適宜
茄子…5~6個(路地野菜のもの)
里いも…3個(路地のもの)
こんにゃく…1袋
豆腐…1丁

水…1~1.5L
煮干し…5~6個
醤油…適宜


<作り方>
1Lの水に煮干をひたしておきます。30分くらいたつと、
黄色いエキスがうっすらでてきますね。




















材料は適当な大きさにきりました。里いもが一番ひの通りが悪いので、煮干しといっしょに火にかけました10~15分。火が通ったら、茄子、さっと下茹でしたこんにゃく、さっと下茹でした油揚げを加えました。


















きのこ投入。


















茄子がしんなりしてきたら、豆腐をくわえ、醤油で味を整えてください。

















きのこのお出汁がすごくきいてます。ぬるっしゃきっとした「ナラタケ」の食感すごくおいしい。






スポンサーリンク
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »