塩鮭の頭部分を使います。通常は捨てる部分ですかね。
新潟県内のスーパーでは年末に登場しますね。

できるだけ、のやわらかいものを選んだほうが、切りやすいし、食べやすいです。













容器にいれて、米酢がひたひたに浸かるように注ぎ、1晩冷蔵庫で漬けます。

なんで「氷頭(ひず)」と呼ばれすのかというと、この鮭の頭から鼻先かけても軟骨の部分が氷のように半分透き通って見えるんです。それで氷にたとえられたそうです。どくどくの不思議な食感が楽しめます。

【氷頭なますの作り方】→ つづきを読む
スポンサーリンク
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |