新潟のお正月料理を紹介、 「のっぺ」 「雑煮」 「氷頭なます」 「塩引鮭レシピ」 「こしあん」
スポンサーリンク
恥ずかしながら、アラフォーにもなって、お正月の「数の子お料理」 初めてきちんと教わりました。 <作り方> 一晩水に浸して塩抜きしました。水を数回変えます。 すこし塩味が残る程度にしておくのがベスト。 卵を包んでいた薄皮が柔らかくなって
塩引鮭、1匹購入しても、焼いて食べるだけでは、なかなか、塩っぱくて食べきれない。 新潟は「雑煮」に入れますが、それでも食べきれない方におすすめレシピ。 うちは、新潟の郷土料理の第一人者である「河内さくら」さんのレシピ本にあった、 塩引鮭の
塩鮭の頭部分を使います。通常は捨てる部分ですかね。 新潟県内のスーパーでは年末に登場しますね。 できるだけ、のやわらかいものを選んだほうが、切りやすいし、食べやすいです。 容器にいれて、米酢がひたひ